« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月30日 (土)

4月イロイロ ALPって

ライフラインが一通りモトに戻り

ぐうたらブログに逆戻りcoldsweats01

気が付けば4月も終わり少し割愛してご報告

(報告するほどのこともないか?)

先ずはシニア検診で引っかかったはちの膀胱炎

2週間薬を服用してから

再度病院へ

Img_0689 地震前、目に異常があって

看てもらったココアも

ママと一緒に

行きました

もちろんクッキーも一緒です

はちの通ってるエビス動物病院は眼科に力を入れてる病院なんです

この日の朝のサンポで

必死の思いで取ったはちのおしっこの検査の結果

膀胱炎は完治 

比重も正常範囲に戻ってましたscissors

さてもうひとつのほうALP値

こちらはさらに薬を二週間続けた後に検査ということで

さらに二週間後、

先日27日再び検査に行きました

結果

これがあまり安心できなくて

前が888→800 despair

下がったことは下がったのですが

大きな違いがなく肝臓の薬では効果が出ない

肝臓に異常があっての数値異常でないことは判明

先生からは

あと考えられるのはホルモンの異常

しかしはちの場合他の数値には異常が出ていないので

(大抵他にも異常な数値が出るそうなので)

なんとも言えないし大丈夫だろう

様子を見るために3月に一度ほど

定期的に数値を計り経過を診ましょう

とのこと

帰宅後インターネットで検索してみると

ALP値の異常は腎臓、肝臓、のほかにホルモンを作る

副腎から起因する可能性もある

(腎臓、肝臓は超音波で異常ナシを確認済み)

そのときはコレステロール値など他にも異常が出ているそうで

さらに副腎はストレスの影響も受けやすいと

( だから以前ストレスでも数値が上がるといわれたんだ)

おまけにそのホルモン異常の病気の検査って

えらく手間と時間と

お金が掛かるそうで

先生が検査を進めなかった訳です

Img_0727

 

マアそう言わずにcoldsweats01

代わりにまた

今度ドックランに連れて行ってあげるから

ストレス発散しなさい

ね ね ねぇーはちクンsweat01

| コメント (5) | トラックバック (0)

2011年4月 9日 (土)

バイバイカレン

カレンはもう20年らいの友達ひーちゃんのミニチュアダックスです

ひとみちゃんが病気がすすんだオカーさんと

弟と一緒に暮らすことになって

昼間一人でいるオカーさんの相手に

ワンコをかんがえ

イロイロ勉強してそのときあげた条件

犬種はダックスフンド

性別は雄

3ヶ月は親と暮らした子犬など

条件に合いそうな子犬の飼い主募集を新聞で見つけ

彼女に知らせたのは私でした

そのうちに弟と訪問すると

オスは飼手が付いてメスだけでしたが

一目見せられるともう一目ぼれ

カレンと名前をつけられ

ひとみちゃんの家族となったのです

たとえモトの飼い主が血統書をごまかしてても

3ヶ月といわれたのに本とは1ヶ月そこそこでも

ワクチン全部終わってますといってたのに

1回しかしてない様子だったとしても

ひとみちゃんは手放すことなく

人間が大好きで

だれにでもすぐお腹を見せて

飼い主の立場がないと嘆かせたカレン

オカーさんに可愛がれ

ひとみちゃんに愛され

大人になったのでした

オカーさんの介護に疲れ

最後には見送ることになった

ひとみちゃんの慰めになり

生んだ2匹の子犬のうち男の子レオンと暮らすようになり

我が家が犬を飼おうかと考える

きっかけにもなったものです

最近ではおばあちゃんになって

白内障で目が見えなくなり

耳も遠いようでテーブル下のベットにいると

呼ばれても判らないようでした

それでも車に乗ると

風を受けるのがスキで

信号で停まると

クォーンクォーンと甘えた講義の声を上げてました

それを聞いたはちが

甘え鳴きを憶えさせた張本人でした

それが去年の暮れ頃から

ご飯を食べなくなり食べても吐くことが多くなり

様子がおかしいと診察

結果腎不全と

ひとみちゃんは手術をしない道を選びました

カレンは旅行中サロンに預けられただけで

ヘルニアになるような

心的ストレスが強い仔でした

子宮ガンで手術したときも

ストレスの影響がひどくて

大変だったんです

体力もない14歳

手術は耐えられない

却って他を悪くする可能性もあるとの判断でした

薬が効いたのか

一時は食べられなかった食事も

大好きなりんごを食べたのをきっかけに

少し食べられるようになり

におっていた体をシャンプーできるまで回復して

ひとみちゃんを喜ばせました

3月27日にもシャンプーの予約をしていたのです

それが地震でいけなくなり

又、ストレスらしき症状もあらわれてました

そんな今月4日ひとみちゃんからメールが

カレン駄目かも

大好きなりんごも食べないし

ぽかりも5分掛けて少ししかのまない

そんな内容でした

何とか時間ができたら行くから

そんな電話をした翌日6日夜

又もメールが

ほんの一言

静かに亡くなりました

多くを返信することはできませんでした

翌日ニーちゃんに出かけるのを思いとどまってもらい

留守を任せ

お花を持ってお別れに行きました

息子のレオンが理解せず

お客さんがカレンを呼ぶので

いつもみたいにオレオレ!

とカレンの前に出ようとはしゃぐのです

14歳と3ヶ月

ひとみちゃんにワンコと暮らす幸せを

運んだカレン

ちょっと食いしん坊だったカレン

甘えん坊のカレン

明日ひとみちゃんの弟が帰ったら

お庭埋めるそうです

今、火葬場は犬の余裕はないそうなので

お花と一緒に埋めてもらってね

大きな地震が来たのはその晩でした

怖いことが大嫌いなカレンは

地震が判ってたのかな

もう地震で怖がることもないね

ゆっくりゆっくりお休み

ひとみちゃんもそばにいるからね

| コメント (6) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »